食後血糖値を下げる

血糖値が高い人は、食後血糖値を気にしている方もいると思います。

食後血糖値を下げる方法としては、食事の時に血糖値を下げる食品を一緒に食べるのが最良の方法です。

血糖値を下げるには、インスリンの働きを助けるミネラルが多く含まれていて調理しやすい、野菜やきのこや貝類を食事に取り入れるといいでしょう。


また食品で食後血糖値を下げるだけでなく、食後に軽い運動をすることで、食後血糖値をさらに下げることができます。

食後といっても、食後すぐに運動しては消化不良になる可能性があるので、食後30分を目安に有酸素運動を行いましょう。

そして有酸素運動を長く続けると、インシュリンの働きが良くなり、食後血糖値が下げられるようになるのです。


注意するのは、筋肉トレーニングなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングや軽いジョギング、軽い水泳・サイクリングなどの有酸素運動を行うことです。

食後に有酸素運動を行うと、筋肉が血液の中のブドウ糖を取り込み消費します。

食後血糖値を下げるには、激しい無酸素運動では食後血糖値が下がらないのです。


また食後血糖値を下げるためには、毎食後に運動をしなければいけないと思いがちですが、有酸素運動をするとその効果は2~3日続くといわれていますので、血糖値を下げるための運動は1日おきぐらいでやれば大丈夫です。

夏には水泳を取り入れたり、ウォーキング、サイクリング、ジョギングなど時間や季節によっていろいろな有酸素運動を取り入れてみると、飽きずに続けられるかもしれませんね。

スポンサーリンク