インクレチン関連薬とは?利点や効果

血糖値を下げたいと思っている人には、インスリンという物質はお馴染みだとおもいますが、その血糖値を下げるインスリンの分泌をうながすインクレチン関連薬はご存知でしょうか?

インクレチン関連薬として、DPP-4阻害薬と呼ばれる飲み薬とDLP-1作動薬と呼ばれる注射が開発され、発売から1年が経過したので長期処方が可能になり最近出回り始めました。

インクレチン関連薬の利点として、インクレチンが血糖値が高いときのみ作用するというのが上げられます。

現在使用されているスルホニルウレア剤(SU剤)は、インクレチン関連薬と違い血糖値で作用するわけではないために、血糖値が高くないときでも作用してしまい、低血糖を起こす危険があったのです。

また血糖値を下げるためにインスリンを出し続ける膵臓が疲弊してしまうという問題もありました。

さらに今回開発されたインクレチン関連薬は、インスリンの分泌を促すだけでなく、グルカゴンという血糖値を上げるホルモンの分泌を抑える効果があります。

インクレチン関連薬の使用面では、これまでの血糖値の上昇を抑える薬は食前に毎回毎回飲まなければいけなかったのですが、今回開発されたインクレチン関連薬は1日1回か2回食事時間に関係なく飲める(もしくは注射できる)ので毎食時の負担を減らすことができます。

ほかにもインスリン療法で問題とされていた体重増加が、このインクレチン関連薬では逆にわずかではありますが、体重減少の効果があると期待されています。