血糖値とアルコール

飲み物といえば水・お茶・コーヒー・紅茶・ジュース等いろいろありますが、お酒は血糖値を上げるのでしょうか?

お酒といってもビールや日本酒や焼酎、ワイン・ウィスキーなど、アルコールにはいろいろな種類がありますね。

この中でビールや日本酒やワインなどの醸造酒は血糖値を上げ、焼酎・ウィスキーなどの蒸留酒は血糖値が上がらないと言われています。

蒸留酒が血糖値を上げない理由としては、アルコールを蒸留する時点で血糖値が上がる原因となる糖質が排除されるからです。

さてお酒は種類によって血糖値が上がったり上がらなかったりですが、最近はアルコールが血糖値を下げるとして注目されています。

それは血中アルコール濃度が高いと、肝臓がアルコールの処理に追われ、糖新生が抑制され血糖値が下がることがあります。

アルコールによる血糖値の低下は、人によってどの程度低下するかが大きく変わるそうです。

またアルコールは好きな人にとっては、適量飲むことでストレス解消にもなるので、ストレスによる血糖値の上昇を抑えることにもなります。

ですので糖質を含まないアルコールを適量のむことは、血糖値を気にする人にも良いことだと言えます。

ただし糖新生が抑制されることで低血糖を起こすことがあるので、インスリン注射などをしている人は、アルコールの取りすぎに注意してください。

それとアルコールは1gで約7キロカロリーもあるのでカロリーコントロールをしてる人も取りすぎに注意してくださいね。