血糖値とコーヒー

毎日食べる食事以上に、毎日摂るものといえば飲み物ですね。

飲み物のなかでもコーヒーは血糖値を上げるのか、下げるのかいろいろな説がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

まずコーヒーに含まれるカフェインは、アドレナリンの分泌を増やします。 このアドレナリンは、インスリン分泌を抑制する働きがあるため血糖値が上がります。

なのでコーヒーを飲むと血糖値が上がるといえるでしょう。

しかし、コーヒーを飲んで血糖値が上がるのは、食後にコーヒーを飲んだ場合にです。

コーヒーを飲んで血糖値が上がるのは、インシュリンの分泌を抑制するからなので、インシュリンが分泌されていない空腹時にコーヒーを飲んでも血糖値は上がらないのです。

またコーヒーに含まれるカフェインには、血糖値を下げるミトコンドリアを活性化させるPGC1αを増やす効果もあります。

このPGC1αが増えミトコンドリアが活性化することで血糖値は下がりますので、コーヒーは短期的には血糖値をわずかに上げるけれど、長期的には下げる効果があるといえるでしょう。

コーヒーは飲み方によって、血糖値を上げたり下げたりする働きがあるので、上手く飲めば血糖値を下げられる飲み物といえます。

血糖値を下げるためには、「食後のコーヒーは避け、空腹時にコーヒーを飲む」などコーヒーの飲み方に注意をして、コーヒーを上手に利用していきましょう。

このようにコーヒーは血糖値を下げる効果の方が大きいと思われますが、糖尿病の人はインスリンの働きを低下させることがあるので注意して下さい。

スポンサーリンク