血糖値を下げる体操

血糖値が高めの方は、日頃から

血糖値を下げるにはどうすれば良いかと、お悩みですよね。


そんな方にお勧めするのが、

「血糖値を下げる体操」です。

運動が苦手な人でも、あまり時間が無い人でも出来る

血糖値を下げる体操、どんなものがあるかご紹介致します。


<血糖値と筋肉の関係>

血糖値が気になっている人でも、あまり知らないのが、

糖分が蓄えられている場所が、

血液、肝臓、そして筋肉の中だという事です。


その中でも特に、貯蓄されてる糖の80%が筋肉に蓄えられています。

ですので、加齢によって筋肉量が減ると、

筋肉に蓄えられていた糖が、血液に流れ出します。

すると、血液中の糖分が増え、血糖値が上がるのです。


つまり、糖をしっかり蓄えられるように、

筋肉量を増やすような体操を行なえば、

血糖値を下げる事が出来る訳です。


<こんな体操が血糖値を下げる!>

血糖値を下げる体操は、軽めの筋トレです。

筋肉を増やすには、筋肉量の多い箇所を

重点的に動かしてあげましょう。


血糖値を下げる体操でお勧めなのが、

「おしり・太もも周り・背中」の筋肉の強化です。


筋肉自体が大きいので、効果が現れやすいからです。


最初に鍛えるのは「おしり・太もも周り」の筋肉です。

立った状態で、椅子や壁などを支えに、

太ももをゆっくりと、体操のように交互に高く引き上げます。


そして、

時間と体力にゆとりのある人は、

太ももを高く上げながら、軽い歩行をすると更に効果があります。


次に鍛えるのが「背中」の筋肉です。

両手を左右に広げ、そのまま後ろに動かします。

肩甲骨をくっつけるような気持ちで、

何度か胸張り体操のように動かしましょう。


他では、手を腰に当てて、腰は回さずに、

肩を回転させるのも良い体操になりますし、

仰向けに寝転がった状態で、膝を立て、

そのまま腰を持ちあげて、

その姿勢で10秒キープします。これ結構キツイですが、

背中の筋肉のいい体操になります。


上で紹介した、血糖値を下げる体操は、

5分ほど出来る体操ばかりです。


1日の生活の隙間時間をみつけて、

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク