血糖値と妊娠中

毎日の生活の中で、血糖値が気になる人も結構多いと思いますが、中でも妊娠中の方は特に注意が必要です。

なぜかというと、妊娠中には中期以降に卵巣や胎盤から血糖値を上げるHPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)・プロゲステロン・コルチゾールなどのインスリン拮抗ホルモンが作られるためにインシュリンを十分分泌できない妊婦は血糖値が上がってしまいます。

このように妊娠中に高血糖を起こしたり、検査結果で血糖値が高いと診断された場合、”妊婦糖尿病”といい早産や妊娠高血圧症候群、尿路感染症や羊水過多症のリスクがあります。

また妊婦糖尿病は妊婦だけでなく、胎児にも巨大児や先天奇形、呼吸促迫症候群、新生児低血糖症などの新生児合併症がでることがあります。

ですので妊娠中には通常の生活以上に、血糖値に気をつけなければいけません。

日常から血糖値が高い人は、妊娠前にしっかりと治療を行ってからの計画妊娠にしましょう。

また妊娠中は悪阻で食べられるものが限られたり、異常に食欲が出たりと血糖値が上がる要因が多くでてきます。

日頃から血糖値が高い人は、妊娠中はそれまで以上に血糖値が上がる食べ物をさけたり、食べ方も一度に食べるのではなく、小分けにして食べるなど妊娠中の血糖コントロールを頑張りましょうね。

また妊娠中でも体調がよければ、気晴らしがてらの軽い散歩など、運動とストレス解消を心がけましょう。

食事療法や運動で下げられなければ、インスリン療法が必要になりますので、元から血糖値が高めの人や親族に血糖値が高い人がいる場合は、早めに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク